イベント情報

山中明神例大祭安産まつり

古来から、関東屈指の子授け・安産の御利益があると言われる「安産祭り」は、毎年9月の4日〜6日にかけて行われます。山中諏訪神社は、別名山中明神とも呼ばれ、豊玉姫を祭神とする安産守護の神様。夜祭の御輿(みこし)をかついだ氏子の女性には、安産が約束されると言われており、古くから妊産婦や新婚女性が集まるお祭りとして全国的に知られています。

祭りの模様 → 山中明神例大祭安産まつり 2017



山中明神例大祭安産まつり

●9月4日  ヨイマツリ(宵祭り)

16時30分  子供御輿 発
17時00分  諏訪明神例大祭式
18時00分  山中明神太鼓打初め報告祭
18時30分  御輿・幣束 発
22時00分  御輿・幣束 着
22時20分  お旅所祭(祝詞奏上および神楽奉納)

●9月5日  ホンビ(本日、本祭り、例祭当日)

10時00分  山中明神太鼓及び神楽奉納
13時10分  山車出発
13時15分  踊り行進(女子中学生・女子青年)
16時30分  子供御輿 発
18時30分  御輿・幣束 発
22時30分  御輿・幣束 着
22時45分  御輿から神殿へ御霊遷し
22時50分  遷座奉告祭(遷宮祭)

◎御輿は五日の日のうちに本殿に安置されなければならない。安置すると、御輿を担いでいたオテンマの人々は湖に走り、湖水に浸かって「禊ぎ」をする。

●9月6日  アトマツリ(後祭り)

13時00分  三日月屋前より稚児行列出発(二年に一度実施)
15時30分  諏訪明神前土俵にて奉納相撲

関連サイト : http://www.suwajinja.com/